新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2010年02月13日

自分の眼で観ぬ者の戯言

なので悪しからず。あ、R-1ぐらんぷり2010の話です。

まずは決勝及びサバイバルステージのメンバーをおさらい。


■決勝戦
1. 敗者復活戦勝者
2. バカリズム
3. いとうあさこ
4. グラップラーたかし
5. 川島明
6. 我人祥太
7. なだぎ武
8. エハラマサヒロ
9. あべこうじ

■サバイバルステージ
1. ユリオカ超特Q
2. 今泉
3. ナオユキ
4. ゆってぃ
5. 中山功太
6. COWCOW山田與志
7. 田上よしえ
8. 友近
9. アナログタロウ
10. もう中学生


やっぱり、準決勝を観てないし、M-1ほど情報収集に勤しんでいないので、あまりデカい口は叩けないのですが、この並びをパッとを見ただけだと、やっぱりライトな感じがしますね。特にサバイバルステージは。

M-1でも散々“枠”の問題は語られておりますが、このR-1は、M-1以上にクッキリと枠が見えてくるように思えるんですよね。

今回の決勝のメンバーも、過去チャンプ、昨年上位者、有名所、女芸人、ダークホース、コンビ片割れと、面白いくらいにわかりやすくバラエティに富んだラインナップとなっています。

そしてサバイバルステージには、これまた昨年の覇者と上位者に加え、レッドカーペット枠≒賑やかし枠から芸歴長くて実力あるのに無名枠まで、R-1ならではの枠がズラッと並んでおります。

M-1ほどガチガチな大会になっていない分肩に力入れずに観られるというのはありますが、だからこそ余計にバラエティ色が強いというか、数字を悪くしない為の措置がいろいろ採られているような気がして、僕としてはさほど一生懸命になれないという感じです。

その中でも、楽しみな点は幾つかあるんですけどね。

まず決勝戦では、僕的にはやっぱり麒麟川島が一番楽しみですね。

何度も言うようですが、僕は麒麟笑い飯千鳥のbase第2世代の芸人が大好きですし、川島はR-1に向けてピンネタライブを何回もこなしてきたということなので、川島のセンスが光るネタというのには一番期待しています。

あとは、僕の勉強不足で名前を知らなかった我人祥太と、バカリズム、あべこうじに期待ですかね。

そしてサバイバルステージでは、田上よしえとユリオカ超特Qの、初期オンバトを支えた、所謂芸歴長くて実力あるのに無名枠の2人が要注目ですね。特に田上よしえは、僕が思うに一番ネタが面白い女芸人だと思うので、期待大です。

あとは、大阪準決勝で一番コンスタントに笑いを獲っていたとも言われているナオユキにも期待です。昨年のサバイバルも面白かったですし。

でも、上に挙げた誰よりも僕が期待している、というか応援している芸人がいます。

そうです。中山功太・暫定チャンピオンです。

正直昨年の優勝は、功太推しの僕としても微妙というか、納得しきれていない部分があるので、今年こそ、ちゃんとした形で評価されてほしいです。

ただひとつ心配なのが、ストレートで決勝に行けてないことです。

これは、もしかしたら決勝に行けないかもしれないから心配とかじゃなくて、昨年優勝やから敗者復活できたと世間に言われる所謂NON STYLEパターンを踏襲してしまうのではないかという心配ですね。

いずれにせよ、今年は準決勝もコントで受けたらしいので、功太の面白いコントを決勝の舞台で観せてくれたら僕は満足です。何か、優勝しなアカンという風には思わずに臨むみたいなコメントをしてるらしいので、爪痕残す方向でガンバってほしいです。

優勝せんでええから功太の面白いコントが観たいですね。

何かあんまり一生懸命になってないとか言いつつ長々と書いてきましたが、ピリピリせずに楽しみたいと思います。

最後に、気になる記事を見つけたので、リンクを貼っておきます。

中山功太と川島明、面白い2人に期待大です。
posted by たけのうち at 03:04| 京都 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

お姉さんの濡れ濡れおまぁんこ...す、すごいよ!!!!
あの腰の動きと絡みつく肉ヒダ!!我慢できぬくて中 出 ししまくった!!
オマケに7万の報酬まで貰っちゃって、もう俺めちゃ幸せっすーー!!(爆笑)
http://ten.Fuckthejapan.com/e7wb15v/
Posted by ちょめ太郎 at 2010年02月13日 05:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。