新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2010年01月12日

まことの意、即ち誠意

ABCお笑い新人グランプリ、結構楽しみにしてたので、1組1組ガッツリ感想書いてやろうかとも思ってましたけど、やめます。

それにしても、イチ視聴者が言うことじゃないですけど、客席が重たかったですよね。

1組目2組目と最初に変則的なネタが続いたので、仕方ないのかもしれませんが、それにしてももうちょっと盛り上がってもよかったんじゃないでしょうかね。

まぁ、最近客席がムダに沸きまくるお笑い番組が多いですから、この程度が客の素直な反応ということで逆によかったのかもしれませんが。

で、肝心のネタの感想ですが、今年は、何というか、骨組みに凝ったネタをする組が多かった印象です。

これを大阪若手お笑い界の縮図と捉えると、エラいことになりそうといいますか、いつも以上に変化球が多かったように思います。

その中で、最終決戦に残った3組(銀シャリ、ソーセージ、モンエン)は僕的にも妥当でしたね。

僕の中では、1回戦では、銀シャリ断トツ、次いでソーゼージ、和牛、モンエン、ウーマンがダンゴ、純粋に笑ったかどうかで選んだらソーセージとウーマンだけど、ウーマンは2本も観やんでいいかな、て感じでした。だからウーマンの審査員特別賞も僕的には妥当でした。

で、最終決戦なんですが、僕的には銀シャリが期待していたほどはハマらなかったです。

何というか、橋本の方にいつもほどのキレがないように感じて、1回戦よりごちゃごちゃっとしてしまった印象でした。なので、1回戦より面白かったモンエンが好印象を残したまま優勝した、て感じです。

1回戦なら銀シャリ断トツでモンエンはベスト3すら微妙といった感じだったので、銀シャリに優勝してほしかったんですが、最終決戦で若干停滞した銀シャリと1回戦を上回ったモンエンを比べたら、モンエンで納得ですかね。

あと、敗退者の中から気になったコンビを3組ほど。

さらば青春の光、ガスマスクガール、コマンダンテは、僕の好きな感じで面白かったんですけど、何というか、凝られた骨組みに対する肉付けが充分にできていなかった印象です。

シロウトの僕が何言うてんねんですが、さらば青春の光は途中までよかったのにオチが残念、ガスマスクガールは設定と死にオチがよかった分途中のひねりがやや小さい、コマンダンテはこのスタイルでいいけどM-1敗者復活のネタに比べて練られていない、という感じでした。

でもこの3組は、時代に逆行した芸風で面白いので、スゴいと思います。

とにかく最近は、若手にとって絶対的であるM-1において「テンポが良くてボケの“数”が多い」かどうかという審査基準が明るみになっている以上、東京大阪関係なしにこの手の芸風が軽視されてしまいがちなので、貴重ですよ。

何気に、こういった斬新な設定やスタイルで押し切るような個性派って、大阪の方で育つケースが多いような気がします。だから僕は大阪贔屓なんです。今だとこのABCには出てなかったですけど見取り図なんかも面白いですよね。

奇しくもこの3組はM-1敗者復活に残ってるので、今はまだ骨組みだけでも、もう少しで千鳥やポイズンのような立派な斬新コンビになると思います。今後に期待大です。

相変わらず脈絡がなくて申し訳ないのですが、最後に、初審査員のモト冬樹が何気に良いコメントを述べていたので、それについて触れておきます。

モト冬樹が最後に残した総評「みんなアイデアは斬新で素晴らしいけど、それを消化しきれていない」は、正に観ている人みんなの感想を代弁してくれていたといいますか、かなり的を射た評価だったと思います。これこそ僕が無理矢理例え使おうとして何遍も言ってた「骨組み凝ってて肉付け不十分」のことですよ。

最初審査員席に一人もお笑いの舞台で成功した人がいてなかったことにショックでしたが、最後の最後で何故か報われた気分です。

でも、大竹まことには残ってほしかった。M-1だけでなくABCまで外れるなんて。

何だかんだで、去年のM-1で大竹まことのチンポジの評価を聞きたかったし、このABCだとさらば青春の光、ガスマスクガール、コマンダンテの評価も聞きたかったもんな。

やっぱり賞レースには、当時M-1で一気に脚光を浴びた笑い飯じゃなくてチョップリンを最優秀賞に輝かせた、大竹まことの真っ直ぐじゃないけど真っ直ぐな審査基準も必要なんだと思います。

嗚呼、いなくなって初めてわかる、大竹まことの有難み。

posted by たけのうち at 01:53| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。