新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年12月20日

今のうちに言っておこう

日付が変わって本日は、いよいよM-1グランプリ2009決勝戦です。

決勝進出者が決まって以降ここまで、個人的に卒論で忙しかったといえば忙しかったのですが、合間でしょっちゅう息抜きとして過去のM-1や漫才の動画を観まくっていたので、結局いつもの決勝当日までの過ごし方と何ら変わりないじゃないか、という2週間を過ごしていたわけですが、卒論の性格上、余計に今年のM-1について考えることが多くあったので、決勝本番が始まる前にそこはかとなく書きつくっておこうと思います。


○「M-1で勝てるネタ」って何やねん

こんなタイトルにしたら、さぞ私がM-1で優勝できるネタというものを分析できているというように捉えられそうですが、一切そんなことできていません。むしろその逆です。文字通り「何やねん」って言いたくなる程理解できないということです。ファナスティに対する「何やねん」のテンションです。

昨年チャンピオン・今年敗者復活組のNON STYLEは、今年の各紙インタビューで、「M-1で勝てる為のネタ」を作って挑んだと述べています。

当然ブラマヨなどの過去チャンピオンも、M-1に照準を合わせてネタ作りに励んで優勝したわけですが、最近、その照準の合わせ方が変わってきてるというか、明らかにシステマチックになっています。

正に昨年が良い例なのですが、NON STYLEのあのセルフツッコミ、石田が自分で太腿を叩くヤツですが、アレをすることで単純にボケの数が2倍になり、それが功を奏して優勝したと言われています。

何故これが功を奏したかと言うと、最近のM-1の傾向として、「制限時間4分の間にいかにボケの数を多く入れてテンポよくできるか」という明確な指標が審査ポイントに組み込まれているからです。昨年3位で今年も決勝進出のナイツが評価されているのがこの良い例です。

この、ボケ数が評価の観点に入れられるということが、「何やねん」なのです。

だいたいボケ、つまり面白いことって、明らかに量より質でしょう。ちょっと面白いボケ10コより、無茶苦茶面白いボケ、記憶に残る程面白いボケ1コの方が明らかに価値あるでしょう。いくら一杯ボケても、全体的に軽薄短小な漫才は、絶対に印象に残らないし、価値も薄まると思うのです。

単純にボケの数が多い漫才じゃなくて、いくらボケ数が少なくても、他人ができない発想が垣間見える漫才の方が、絶対に評価されるべきなんです。特に、M-1では。

だからこそ、本日は、重厚長大な漫才をした人に優勝してほしいです。

じゃあ、Wボケかつ小学生みたいなナンセンスなボケを畳み掛ける笑い飯はどうなんだっていう話なんですが、彼らの漫才自体がそれこそ「重たい」ので、文句ないです。今年こそ優勝してほしいです。って、明らか個人的嗜好が入ってますが。


○審査員のメンバー変更

今年のM-1は、審査員の発表の経緯が少し話題になりました。最初昨年から引き続きの審査員6名に加え、残り1名は初オファーかつ「伝説の芸人」という謳い文句で発表されたのです。

それから暫く、残り1名は誰なのかという議論が主に某巨大掲示板上で行われました。何せ「伝説の芸人」なのですから、相当な大物だとか、松本人志並の話題性のある人物だとか、伝説というからには現役じゃないのか?とか、シルエットの髪型的に楽太郎じゃないのか?とか、様々な憶測が飛びましたが、結局木曜くらいに東国原知事だと発表されました。

確かに元漫才師で現知事というのは相当伝説的ですが、果たしてわざわざ発表をもったいぶらせる程だったのでしょうか。そもそも発表を遅らせた割に当日の3日前という中途半端なタイミングで公表って、折角「伝説」を謳ったのだから、どうせなら当日までもったいぶれよ、ていうか当日までもったいぶる甲斐があるような大御所漫才師にしろよ、と、ちょっと思いました。こんな発表の仕方にするから、上岡龍太郎が復帰するんじゃないかとかちょっと思ってしまったじゃないですか。

あと、知事に替わって大竹まことが審査員から外れましたが、個人的には大竹まことの審査は嫌いじゃないので、この変更は何とも云えないです。ただ、別に最近ネット上で賑わう島田紳助批判に安易に乗っかりたいわけでもないので、もう何も言いません。以上。


○敗者復活の注目どころ

今年は過去最大に敗者復活がアツい、というのは前から書いてますし、敗者復活注目コンビというのも前に書きましたが、今回は個人的な期待を前面に押し出して挙げてみたいと思います。

私が敗者復活で注目する、というか、個人的に期待するコンビは、ちょっと多いですが、ダイアン、千鳥、銀シャリ、スーパーマラドーナ、ヘッドライト、磁石、POISON GIRL BAND、カナリア、囲碁将棋です。ポイントとしては、「何かやらかしてくれそう」感があるコンビを挙げてみました。

特に上記の大阪勢には期待大です。というのも、私が大阪勢に肩入れするのは、明確な理由があるからです。

大阪と東京のお笑いの違いについては、よく議論されます。私は基本的にはこれほど不毛な議論はないと思ってスルーするのですが、確かに、大阪と東京では、少なからず特色の違いがあるように思います。

私が思うに、東京は、どちらかと言えば「巧い」「綺麗な」漫才が好まれて、大阪は、どちらかと言えば「個性的」「柔軟な」漫才が好まれる傾向があるように思います。ここでの好まれるというのは、観客もそうですが、演者側の好みもこんな感じになっているような気がします。

もちろん皆が皆そうではないです。東京にも個性派コンビは何組もいますし、大阪にも綺麗な漫才をするコンビは何組もいます。

ですが、「無茶苦茶面白い漫才」という意味では、大阪では個性派が強く、東京では正統派が強い、というイメージをもってしまいます。特に上に挙げた大阪勢からは、反骨精神というか、「小さくまとまってなんかいられないぞ」という意識が感じられます。

先にも書きましたが、私は、発想が真似できないようなものならボケ1コでもいいと思いがちなので、勿論面白いは絶対条件ですが、個性が強くて他の人にはなさそうな発想がある方がいいと思うので、そういう意味で大阪の漫才に魅力を感じるのです。そして、東京なら、上に挙げたようなコンビに魅力を感じます。

いずれにせよ、今年の敗者復活は決勝戦並か、あるいはそれ以上にレベルが高くなると思われるので、要注目です。


結局脈絡のない話が続いて申し訳ないのですが、個人的には卒論中悶々としながら思ってたことを吐き出せたので満足です。これでスッキリした心持ちでM-1観戦に臨めます。


楽しみです。よし、寝ましょう。


posted by たけのうち at 03:11| 京都 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

オナネタさがしてる時に面白そうなサイト見つけたから突撃してみた!!
なんか即日セク−スできて5万もらえたんだけどwww

そのまま調子乗ってヤりまくってたら1週間で30万稼げたし!!w
てかオナネタもういらねぇ(笑)
http://tera.backblack.net/e2r4jtm/
Posted by 桃色男 at 2009年12月20日 06:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。