新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年11月26日

ポリプロピレンポリマクロ浦えりか(NF感想)

今年も誰からも求められてはないと思うけど、折角なんで書いていこう。

今年は大型の新人が何名も加入してくれたので、人数の面でもアイデアの面でも昨年ほどの不安を感じることはなく、企画数も昨年同様8企画(D左京区2つ換算)無事終了することができました。
この、予想以上のメンバー増員による若干の気持ちの余裕が本番でどう影響したのかは、次の企画ごとの感想で詳しく述べようと思います。


・屋内企画
『ひとつ屋根の下・小雪の部屋』
御馴染み9月の企画申請段階での時事ネタを取り入れた展示企画。
相変わらず説明なしにはわかってもらえない不親切企画だったが、思った以上にウケていたように思います。
「ひとつ屋根の下の小雪」と書いておいても、イコール酒井法子と気づかなかったり、ハイボールの小雪と勘違いしたりする人が時々現れたあたり、時代を感じました。
やはりここでの一番のMVPは、わざわざ取り寄せた本物の創造学園大学の募集要項(願書付き)でしょう。
こういうところでのこだわりが、ガッカリ企画の醍醐味だと思います。

『エンドレス8』
御馴染み9月の企画申請段階での時事ネタとアニメネタを合わせたドッキリガッカリ企画。
エイトとハチをかけて、リチャード・ギアの名台詞「HACHI〜」をエンドレスで流し続けるという、100%リチャード・ギア頼みのこの企画では、タイトルとパンフレットの長門有希に釣られた大量のアニメ好きをおびき寄せるという目論みは、概ね達成したように思います。
目論み達成どころか、教室の黒板に「この発想はなかったw」「これはいいハチですね」などの、どこかの動画投稿サイトで見かけるコメントをお客さんが書き残していってくれるという予想以上の展開も見られたっていう。
でも一番嬉しかったのは、「雑すぎる、おもしろいけど」というコメントだったり。

『占いの舘』
文化祭で有りがちな占いの館と舘ひろしのまさかのコラボレーション企画。
悩んだ末、動物占いの舘ひろし版という方向で着地しましたが、時事ネタでもアニメネタでもない分、何となく説明したときの反応は他に比べてよろしくなかったように僕は感じました。
全12個の舘をくじ引きで選ぶという形にした為に、純粋な舘ひろしのフリなしにいきなりタッチやHACHIや古館が出てしまったり、オリジナルのあぶない刑事のフリなしにもっとあぶない刑事やもっともあぶない刑事が出てしまったりすること、ゴルゴ13と舘ひろしの関係性が伝わりにくかったこと、タイトル的に真っ当な企画を想像してやってきた生真面目な方々への対応など、反省点は多々ありますが、個人的にはかなり好きな企画でした。
まぁこの企画が好きというより、石原軍団及び石原軍団の炊き出しが好きなだけかもしれませんが。

・グラウンド企画
『枕営業』
企画のタイトルとは反して、いや反していないのか、よくわかりませんが、単純に一番お金のかかった企画。
最近よくある女の子のプリントされた抱き枕で、本来の枕営業感と枕を売る営業感の両方を出すことになったのですが、グラビアアイドルの抱き枕がカバーのみで定価14,000円、信長書店セール価格で7,350円というまさかの破格の為にカバー買うだけで援助金オーバーっていう。
結局中身は服を詰めまくった為に重くなり過ぎたのと、初日(平日)のグラウンドという微妙な日程で少数で行わざるを得なくなったので、正直不安でしたが、期待値が低くなった分ウケてくれる人が何人もいてよかったです。
あと、この抱き枕カバーは単純に備品としても使い勝手がいいんです。
何だかんだ云うて高い金出してよかったです。

・講演企画
『世界一ウケたい授業』
昨年みたいに大喜利の変形ではなく、純粋な講演企画に近づけたくてこのようなタイトルにしましたが、僕は何もやってません。
でも、なのかだから、なのかわかりませんが、3つの授業とも面白かったです。
1時間目は1回生のきしだくんがガンバってくれたおかげで、1時間目に相応しいキャッチーな面白いネタを披露してくれたので、素晴らしかったです。
2時間目は講師の鳥声チュン太郎さんがまさかの欠席で休講になってしまうというアクシデント(笑)自体がアクシデントにならなくてよかったです。
たぶん今NFイチ不条理な時間が流れた時間だったと思います。
3時間目は真面目に、せーじくんのガチ卒論中間発表で、僕は最高に面白かったです。
完全に悪ふざけで「卒論のテーマで喋ったら?」と言うただけなのに、ここまで完成させてくるあたり、流石でした。
ただ、ここでひとつ訂正があります。
さっき2時間目は今NFイチ不条理な時間といいましたが、間違いです。こっちの方がもっと不条理でした。真のシュールだったと思います。
「EXビーダマンのΘ温度」という名言も生まれ、個人的には大満足でした。
講演企画全体の反省点としては、もう少し講演企画の客層に合わせて説明の長さを変える必要があるということが挙げられますが、それを言ってしまっては我々の講演企画自体が成り立たないような気もしますし、難しいですね。


相変わらず長くなってしまったので、後半の感想はまた近いうちに。

posted by たけのうち at 01:26| 京都 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PPPじゃなくて、PIPせすね
Posted by 隼ポリイソプレン at 2009年11月27日 00:53
>ポリイソプレンさん

すみません間違えました。ご指摘ありがとうございます。
よろしければ、今年のNFの感想を漢字一文字でお願いします。



Posted by たけのうち at 2009年11月27日 03:16
再 ですね

来年もできるだけ参加したいです


つっかもうぜー♪ えーっとNFの本番舞台ですね
Posted by 隼ポリイソプレン at 2009年11月28日 08:46
・・・ありがとうございます。
Posted by たけのうち at 2009年11月28日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。