新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年09月29日

おんばと!

今日、久しぶりにある曲を耳にした。

タオルズという人らの『君に幸あれ』という曲。

正直歌手名・曲名共に馴染みがないのだが、一時期爆笑オンエアバトルのエンディングで流れていた曲、ということで、曲自体は凄く耳に残っている。

特に歌詞が、これほどオンバトにマッチするか、っていうくらいピッタリだったのが印象深い。

個人的には、オフエアだった芸人の敗者コメントとジャッジペーパーのコメントが流れているところで、「しょうもないジョークで 笑わせることしかできないけど」という歌詞の部分が流れるのが、観てて何とも云えなかった。


最近じゃいろんなネタ番組ができ、オンバトの影が薄くなっているように思えるが、かつてはオンバトが若手の笑いの最先端だったということを忘れてはいけない。

M-1グランプリ2003で敗者復活から勝ち進んでブレイクしたアンタッチャブルだって、初期オンバト視聴者はもっと前からその面白さを認識していたし、今年のKOCチャンピオンの東京03だって、結成前からオンバト常連だった。

そういえば、昔オンバトで18KINが、結成直後の東京03について、「アルファルファに角田さんが入ったら面白くないわけないだろ」と無意味に怒るというボケを言ってたのを今思い出した。


そんなオンバトも閉鎖的なイメージがだんだん強くなってる気がして、気づけばいつオンエアしてるのかすらわからなくなってしまった。

そろそろM-1の季節が迫ってきているが、最近芳しくない所謂オンバト芸人は、今年は上がってこれるのだろうか。
posted by たけのうち at 01:53| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。