新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年04月10日

就活こぼれ話

面接と面接の間に結構時間が空いたときがあって、時間を潰すために、最初の面接会場の近くにあった神社にお参りに行った。

その神社が有名なものかどうかはわからなかったが、参拝客は多いようで、結構な数の絵馬が掛けられてあった。

絵馬には、合格祈願や縁結びなどのベタなものから、テレビ番組の高視聴率祈願といったものまで、多種多様なお願いが書かれており、他人様の願いを覗き見するのは気が引けると思いつつ、ついつい見てしまっていた。

するとその中に、恐らく年の頃は5歳くらいだろうか、幼い女の子が自分で書いたのであろう絵馬があった。

そこには、いかにもかきかた覚えたてといった感じの筆跡で、しっかりと、

「おたまがよくなりますように」

と書かれてあった。


この御時世に、こんな4コマまんがのオチみたいな出来事を体験することができるとは。


何というか、絶対にこの女の子にはあたまがよくなっていただきたいと思った。

posted by たけのうち at 02:53| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。