新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年02月18日

DOUSE

R-1決勝感想です。スミマセン毎度毎度。

@夙川アトム
面白いんですけど、敗者復活と童話変えただけでほぼ一緒っていう印象が。
ここで判明しましたが、今年は1人終わるごとに点数発表するんですね。
ということは、最後の中山功太の点数発表が即優勝者決定の瞬間になるということか。
功太推しの僕としては緊張しまくりですね。
にしてもマチャアキの点数が既にインフレ気味なのは気のせいか。

A岸学
敗復とネタも変えてきたし良かったと思うけど、ネタ中ちょいちょい自分でニヤけているのが気になりました。
この時点で既に点数のインフレがハンパないことに。この時点で去年のM-1の笑い飯とほぼ同点だと考えると流石に、ね。

Bバカリズム
むちゃくちゃ面白かった。準決勝で同じネタで断トツだったというレポートを見たけど、納得の面白さ。
あんまり発想とか着眼点とか評価できる身分じゃないけど、両方とも素晴らしいと思いました。
点数のインフレ度合的にもこれについては納得でしたが。
でしたが。
100点はないわ。少なくとも3番目で100点はないわ。
あんま引き合いに出しまくるのは良くないけど、奈良県立歴史民俗博物館でも紳助は99点だったんですよ。
兎に角僕はこの時点でバカリズムの優勝を確信しました。

Cエハラマサヒロ
面白いし上手かった。でも、鬱陶しいミュージシャンは何年も前に友近がやってるから、違うネタが観たかったっていうのが正直なところですかね。
みたいに感じたので、バカリズム越えた瞬間はマジでイスから転げ落ちそうになってまいました。
あと、バカリズムの敗退決定後の「500万円の持ち方考えてた」のコメントが面白かった。M-1実質優勝の笑い飯を彷彿とさせた。

DサイクロンZ
こういう感じのネタは賛否両論あるかも知れませんが、僕はすごく面白いと思いました。
ただ、こんな感じの芸風ですし、記者会見のときもそこそこの芸歴なのに周りからイジられてたりしたので、優勝しなくてもいいって言うたら失礼ですけど、そういう印象でした。
これまでのインフレ度合的にも、納得の点数ですかね。

E鳥居みゆき
何か、この人のネタって、頭の良い人が好きそうなネタっていう感じするのは、僕だけでしょうか。
面白かったんですけど、テレビでしかもゴールデンじゃなかったらもっとブラックで面白かったんだろうな、って思いましたね。
相対的にこの点数で妥当かと。

F鬼頭真也
面白いことには変わりありませんが、ある程度マンガのこと知ってないと笑えないネタなのが、残念ですかね。
まぁ審査員があのメンツの割に点数が低くならなくて良かったです。
あ、あのメンツでは低い点数はつかないか。

GCOWCOW山田よし
評判は聞いてましたが、むっちゃ面白かったです。
いいですよね、こういう、誰も傷つかない笑いって。それでいてしっかりしているのが流石。
1位いくかと思いましたが、バカリズムと同点か。
バカリズムと同点なのはまぁ納得できるんですけど、ね。
しかしこのままエハラ優勝になると荒れるんやろうなぁ。

Hあべこうじ
少なくともR-1という場ではこういう人こそしっかり評価されるべきです。
「面白ければ何でもアリ」とは言いますが、ここで漫談が評価されへんかったらどこで漫談やったらええんや、っていうのがあくまで個人的な意見です。
実際すごく面白かったし、いい線行くと思いましたが、バカリズム・よしよりちょい下か。残念。来年もガンバって下さい。

この時点でエハラか功太か。
エハラが優勝したら大荒れになりそうですし、でもバカリズムとかよしとかはもう負け決定なので、ここで功太がバカリズム以上の出来で優勝したら一番理想的なんでしょうが。
果たして功太は何のネタで来るか。出来れば「夏休みの作文」みたいな、がっつりコントで来てほしい。少なくとも時報ネタが来たら優勝はないと思うんですが。

I中山功太
時報ネタか・・・。面白いけど、これは爆笑じゃなくて頭の中で「面白い」としっかり処理する感じのネタだと思うので、ウケ的にはあんまり良くないという印象が。
いや、むちゃくちゃ面白いんですよ。単なるあるあるネタじゃなくて、見せ方も新しいし、センスは相変わらず抜群。特にオチに「地球最後の日」とかをもってくるあたり功太らしさが出て良かったんですが、やっぱり優勝は難しいかな。
て言うか、ネタ終わりの功太のコメントが既に負けを確信しているような気が。

・・・て思てたら功太優勝かい!てか点数高ずぎ!!

いやぁ、功太優勝は個人的には嬉しいですし、功太の笑いに対する姿勢は充分称賛に値しますが、今日の感じだとバカリズムとかが1番って言う人が多そうで、KOC後のネット上のバッファローバッシングのトラウマが頭をよぎったりよぎらなかったり。

前もここで書きましたが、全国ネットのゴールデン、R-1の舞台で、功太のブラックなコントが観たかった。

ただ、僕がこんなところで言うても何の影響力もないですが、これだけは言わせていただきたい。


中山功太はセンスある。No.1の器もある。


兎に角、これを機に、中山功太のネタがもっとテレビで観れる機会が増えてほしいです。

そして、中山功太のコントが世に評価される日が訪れることを願ってます。

あ、最後に、審査を含め番組のシステムの問題について。

まぁぶっちゃけ、点数のインフレには是非とも気をつけていただきたい。

いや、そういうなんも全部ひっくるめてバラエティ番組だと捉えれば、インフレ具合もまさかの100点満点も無茶苦茶面白いんですけど、あくまでも賞レースですからね。そこはしっかりとやっていただきたい。

あと、今回は客席の芸能人は映りませんでしたが、ネタ中は審査員も映さないでほしい。

でも、敗者復活組をトップにもってきたのは本当にナイス判断ですよね。M-1も何とかしてほしいものです。

まぁ今回初ゴールデンなので、いろいろ軌道修正して次回に繋げていただきたい。

それでは。今回もムダに長くなりましたが、今日はこの辺で。

中山功太さん、優勝おめでとうございます。
posted by たけのうち at 00:28| 京都 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 向島 at 2009年02月18日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。