新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年01月05日

オールザッツを観て、思ったこと

・何故天津・とろサーモンがネタ組じゃないのか

・ネタ組の名前のロゴのデザインが1組1組違っててスゴかった

・ダイアンのネタの「帰れ」のくだりを見て、ダイアンの今後の更なる成長を確信した

・ネタ時間30秒はいくらなんでも短すぎる

・十手リンジンはマジで松口に似過ぎてて笑う前にビックリした

・プルートボブは1回戦は本当に面白かったと思うよ

・三浦マイルドはもう売れるルートに乗っかりました

・オールザッツから全国ネットという流れは前からあったけど、今後は、楽屋ニュースで今田に気に入られる→正月のさんまのまんま出演の流れも顕著になってくるんでしょうね

・ガリガリガリクソンが出てきただけであんなに歓声が沸く時代

・ビタミンSのお兄ちゃんは本当にいいポジションにいた

・ヘッドライトガンバれ

・BKBのこのネタ僕は大好きなんですが

・武智の「挽き肉にしてやんよ」も僕は大好きなんですが

・D・N・Aは途中までは本当に面白かったと思うよ

・川原の「ロープの反動を利用して敷金礼金を渡す」みたいなことを僕も言えたらなぁ

・ダイナミック大脇は本当にいいかたちでピンデビューできたと思う

・エハラマサヒロはネタ以外のモノマネが本当に面白かった

・極悪連合最高!!!

・関係ないけど、鎌鼬の「ラビンユー」のネタは好きです

・ビーフケーキはもっと評価されるべき

・現在のオノ・ヨーコを見たことある人で、2回戦以降の銀シャリでお腹痛くならなかった人はいないはず

・何だかんだで神々以外で臨んだモンスターエンジンは素晴らしいと思う

・とろサーモンは本当にオールザッツに強いと改めて思い知らされました

・中山功太のこの手のネタ個人的には大好きです

・ダイアン西澤のありそうでない地名を見て、ダイアンの今後の更なる成長を再び確信した

・後藤秀樹は、って、今後藤秀樹が一発変換できて笑った

・後藤秀樹は今年はホンマに男前やったわ

・2005くらいの頃から後藤秀樹で笑ったらアカンみたいな空気が客席に漂っててヒドかったですもんね

・今年も土肥ポン太でむちゃくちゃ笑ったわ

・その流れで友近の知らんおっさんと話すの見せられたからもう

・もちろん野爆・ケンコバ・たむけんも相変わらず最高でした

・東京へ行ってもコバのネタが丸くなってなくて、千夏イジリも健在でよかった

・藤崎マーケットは細かいモノマネでまだまだ充分全国でイケると思う

・藤崎は漫才もそうやけどどことなく中川家っぽいと感じるのは僕だけでしょうか

・だからクロスバー直撃面白いって僕ずっと言うてましたやん

・クロスバーは最後でモノマネ以外やってたら優勝してたと思うんですが

・でもジャルジャルの決勝のネタ個人的には好きなんで優勝で納得です

・この年末年始で2周したけど、トーナメント組のネタ時間の短さ・東京組の参加率の低さなどがあってか、全体的に印象深い点が少なかったような気がします

・そんな中、若手で比較的深い爪痕を残したプルートボブ・三浦マイルド・ダイナミック大脇・クロスバー直撃あたりが今年の注目どころですかね

・そしていつか、ミスターXの囲まれて一言が全国のお茶の間を騒がせる日が来るのを淡く夢見て、今年のお笑いライフをスタートさせていきたいと思います


というわけで、今年もよろしくです。
posted by たけのうち at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。