新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2008年12月22日

器じゃないのは僕の方

M-1グランプリ2008について今年は結構書いてきましたが、これで最後です。

今年は敗者復活から観ることができたので、それも合わせて僕なりの感想を述べさせていただきたいと思います。

いつも言ってますが、これはただのお笑いオタクの素人の感想です。テキトーに読み流してください。


○敗者復活戦
ワンセグとYahooプレミアム会員の山田くんのお陰でほぼ全部観ることができました。
やはりオードリーが一番笑えましたし、一番ウケていました。
あと、一部では噂になっていたマヂカルラブリーというコンビ、初見でしたが何かすごい面白かったです。何か笑えました
個人的にはとろサーモン、天津、カナリア、チーモンチョーチュウ、ハリセンボン、南海キャンディーズ、銀シャリあたりが面白かったですね。

○決勝
・ダイアン
むちゃくちゃ面白かった。審査ではスロースタートみたいな評価でしたけど、僕は最初から最後まで笑えました。
あの点数だと充分残れると思ったんですが、まさか後々あんなに600点台がバンバン出てくるとは。やはりトップバッターは辛い。本当に残念すぎる。

・笑い飯
最初から面白かった。昔のネタで初見じゃなかったけど、巧くアレンジされていて新鮮な気持ちで観ることができ、最後まで笑えました。だからこそ、残念。
そして、今年も敗退時の西田のコメントが最高に面白かった。そういうところも含めて笑い飯は最高です。僕自身もあの結果は「思ってたのと違う」かったです。

・モンスターエンジン
いい意味でモンエンらしかったと思います。ボケを引っ張るところとか。
まぁまだまだこれからのコンビですから、来年再来年ガンバっていただきたいですね。
面白かったですけど、個人的には前に観た靴屋のネタの方が好きかな。

・ナイツ
散々TVでやってるヤホーのネタであこまでウケるのは流石ですね。
「事を済ませば」とかすごく面白かったですけど、改めて全体を振り返れば個人的にはダイアンの方が面白かったかな。

・U字工事
栃木ネタはそんなに評価されないと思ってたんですけど、思った以上の高評価でしたね。
僕が北関東人だったら最高に面白かったんでしょうが、個人的にはナイツの次くらいですかね。でも充分面白かったですよ。

・ザ・パンチ
まさかの唯一の500点台。これまでなら最下位の点数じゃなかったのに。
点数だけ見たら妥当っちゃ妥当なんですが、決して最下位じゃないと僕は思いますね。

・NON STYLE
素人の僕が言うのも何ですが、大阪時代と比べて遥かに成長していました。
ストレートな漫才でしたが面白かった。正直見くびってました。すみません。

・キングコング
…まぁ、ネタ選びミスったやろ、としか言えないですね。

・オードリー
まず敗者復活できたのは当然のこと、最高得点も納得の面白さ。敗者復活戦と同じネタでしたがまだ笑えました。
噛んだときのアドリブも完璧でした。やはり若林のようなデキるツッコミがいるコンビは素晴らしいですね。あと、春日のあの感じがズルすぎるくらい笑けてきますね。


素人の僕が順位をつけるのはおこがましいですが、個人的な感想で敢えてつけさせてもらうとすれば、オードリーが1番、次がノンスタ・笑い飯・ダイアンで迷うところ、て感じですかね。


○最終決戦
・ナイツ
またヤホーでしたが面白かったです。やっぱりあのボケの数はすごいですね。
でも、2回目でこっちが期待してしまったからなのか、決定的なものはなかったような気がします。

・NON STYLE
前半の「ノリツッコミ」のところは思わず吹き出してしまいました。
全体的に笑いどころがありましたし、すごく面白かったと思います。
個人的にはどこかでもっと爆発させるようなのがあれば言うことなしでした。すごい。

・オードリー
ちょっとスタイルを変えてきましたよね。それでいてすごく面白い。その点では非常に評価されるべきだと思います。
ただちょっと終わりの方で頭打ちになったような気がしたので、終わりが良かったら完璧でしたね。


ここまでで、正直ノンスタとオードリーの一騎打ちなのはわかりましたが、どっちなんかが全然わかりませんでした。どっちもすごく面白かった。だからこそ僅かに気になるところが出てくる。そうなると本当に好みの問題なんでしょうね。全体的に巧くまとまって面白かったノンスタか、変化をみせたオードリーか。うーん、難しい。


○結果発表
発表前は、漠然とですが、カウス・巨人師匠、紳助はノンスタ、大竹まこと、松本人志はオードリー、リーダーとえみちゃんはどっちやろ?って思ってました。
正直どっちが優勝するかわかりませんでしたが、どっちにしろ僅差だとは思いましたね。
実際は、カウス師匠と大竹まことがオードリーであと全員ノンスタだったので、ちょっと意外でした。


てなわけで、M-1グランプリ2008は、見事NON STYLEの優勝で幕を閉じました。

何か、今現在のネット上では、正直そんなに盛り上がっていないというか、期待以上のものではなかったみたいな意見がちらほら見られますが、僕は全体的には面白かったと思うんですよね。

まぁたしかに、2003や2005のような過去の伝説的な回に比べたら、正直小粒感は拭い切れないような気もしますが、最終決戦では「どこが優勝するんやろ…?」っていうワクワク感がすごく込み上げてきましたし、全体的に審査は妥当でしたし、個人的には満足ですね。

ただ、ノンスタがM-1チャンピオンとして全国ネットの番組に出まくったり大御所と絡んだりしているところはマジで想像つかないですけどね。

偉そうなこと言いますけど、昔から見てきた身としては、本当に成長しましたよね。オールザッツのトーナメントで早いこと負けてた数年前が嘘のようですよ。

いやでも、こんな風に、ノンスタやオードリーやナイツや、はたまたU字工事や言うてるのを見ると、つくづく世代交代が起こってきたというか、時代の流れが変わってきたって感じですね。

だいたい去年の決勝・最終決戦のメンツを見たときに、何か今までのM-1と色が違うなっていう気持ちが若干出てきて、それで今年の最終決戦のメンツを見ても、単純に初出場というだけでは出てこない新しい感じがあったような気がしますね。

何か、新しい波がM-1にもどんどん押し寄せてきているようですね。でもそれは、新参コンビの台頭というよりは、全体の空気が少し変わったって感じがしますね。

もちろん、2年連続敗者復活が1番の得点を獲っているっていうのも考えものですよね。

まぁ、そういった新しい空気というのは僕が勝手に思ってることですが、もしその新しい空気が入ってきてるとしても、笑い飯にはずっと居続けてほしいですし、ガンバって優勝していただきたいです。もちろん、ダイアンには来年こそ優勝争いに加わってほしいですしね。

何か結局いつも通りうまくまとめられてませんが、とにかく、今年の優勝はNON STYLEでよかったと思います。おめでとうございます。


あと、実は僕、3日ほど前に、ノンスタを推してる人に対して、「ノンスタはまだチャンピオンの器じゃないから優勝はまだありえへん」て思いっきり言うてたんですよね。

・・・・・・

申し訳ございませんでした。
posted by たけのうち at 03:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。