新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年11月27日

飲む    は月に合う。それおいしいの?うまいっす(NF感想・後半)

こんなタイトルにしとうはなかった、と、流行語に絡めてまで言い訳をしたい気持ちですが、今NFでの犬の会内の流行語を繋げようとしたら流石にヒド過ぎたのでこうなったんですすみません。

近いうちにといっておきながら次の日にNF後半の感想です。


・ステージ企画
『ダイナマイト左京区〜京大大喜利王者決定戦〜』
大喜利は毎年行っていますが、我々にとってここまで大規模に大喜利のイベントを企画したのは初めてでした。
といっても、そんなに規模は大きくないのですが、犬の会以外の出場者を事前に募り、前日に予選を行ってメンバーを絞るという試み自体が初めてのことだったので、NFが始まるまで一番気を遣った企画でした。
結果は、当日キャンセルを除くと計5名の一般の方に予選に出場していただき、決勝は、一般参加3名と犬の会メンバー5名というそれなりにバランスの良い構成になり、これだけでも成功と言ってもいいくらいでしょう。
で、実際の決勝の舞台は、僕も出た1回戦Aグループの時点ではまだ客席の埋まり具合もまずまずで、重たい空気が漂ってましたが、一般参加の目玉親父さんの似てるモノマネと司会を務めた1回生のたまきくん・きしだくんのお陰で徐々に客席にも活気が出てきて、最終決戦の時点では立ち見の方も含めたら満席といっていいくらいの盛況ぶりで、本当に大成功でした。
結果は、1回戦調子悪かった僕が最終決戦で相性のいいお題に恵まれてリードしていたんですが、終わり際で一般参加の目玉親父さんに追いつかれ、サドンデスへ。
サドンデスは「ハッピーターンの粉の名前」というお題での一問一答でしたが、面白い答えが思いつかず中途半端な答えを出してしまい、負けてしまいました。でもよかったです。

今思えば、僕が犬の会に入る直接の要因になったのが、大喜利でした。
そんな大喜利大好きな僕が2回生になってNFのステージで大喜利ライブを行い、3回生では講演企画で見せ方を変えた大喜利を行い、あとやるとしたら一般参加の試合形式ぐらいかというところに行きついての今回のダイナマイト左京区だったので、最後のNFで成功で収めることができて心の底からよかったです。

最後に、大喜利好きの方ならお気づきかと思いますが、『ダイナマイト左京区』という名前は、日本最大の大喜利イベント『ダイナマイト関西』の完全パクリです。
パクリというと聞こえが悪いですが、本家ダイナマイト関西のインタレスティングプロデューサー・木村館長のブログには、「もちろん大喜利というジャンルは私達が考えたモノではなく、ただその魅力と、大喜利の強い人に憧れてこのシステムを考えたので、いろんなトコロが真似てくれて大いに『大喜利』を盛り上げてくれて、その上で「ああD関西が一番だな」と思ってD関西が一番盛り上がってそのまま紅白の視聴率戦争に勝つ事が出来たらいいなと思ってます。」という言葉がありました。
なので、我々の活動が少しでも『大喜利』そのもののPRになって、大喜利、そしてダイナマイト関西の知名度向上へ繋がることを祈って名前を拝借させていただいた、という体でお願いします。

・演劇企画
今年も昨年同様短編オムニバス形式でお送りしました。その理由は、昨年この形式である程度成功したからと、今年は面白い新入生が多いので皆に脚本を頼めそうだったからなんですが、特に後者の理由がキーとなった今年の劇団犬影定期公演となりました。

『犬並家の一族』
公演タイトルの演目として1回生のみやけくんに考えてもらいました。因みに公演タイトル自体も1回生のたまきくんのアイデアを採用したので、正に1回生頼みの演劇ということです。
1回生の実力は抜群なのですが、彼らが犬の会以外の活動に時間を割く必要があることを僕がさほど重要視していなかった所為で、この脚本が完成したのが本番当日のお昼という、脚本完成過去最低記録を更新してしまうという事態に陥り、当然台詞を憶えきれず、結局、演劇の練習をしているという体で行うという逃げに走ってしまいました。
その所為で面白いくだりが活かせず折角の面白い脚本を中途半端に消化してしまい、本当に1回生に申し訳ないとともに、自分の浅はかさが情けないです。

『桃太郎』
4回生のせーじくん作。僕は休憩で舞台に上がっていないので実際の雰囲気はハッキリわかっていないのですが、お客さんに充分に意図が伝わっていなかったように思います。
僕ららしい、せーじくんらしいいい意味のくだらなさがあったと思うんですが、結局は打ち合わせ不足だったかな。
オチの「お客様」「お木役様」の掛詞はもっとウケてもよかったはず。

『修学旅行』
僕の脚本なのでまぁ中だるみするかなと思いましたが、思ったよりは笑い声があったような気がします。そうじゃなくても、そう思っときます。
今まで黙ってましたが、実はこの作品、今年の演劇の中で僕の「こんなことやりたい」が一番表現された演目だったので、客席にある程度受け入れられてよかったです。
こういうアカデミックさがウケるのあたり流石京都大学ですかね。
でもオチの感じとかもまだまだ考えられたと思うし、台詞は完全カンペだし、まだまだ改善の余地がありました。

『金銭トラブル』
1回生たまきくん作の今演劇最高傑作。僕が偉そうに評価できません。素晴らしかった。
一瞬思ってた機材が借りられないというプチアクシデントもありましたが、そんなのも一切影響しないくらい面白い脚本で、更に演者のみやけくん・たまきくん・3回生のやまだくんの演技が最高にマッチして、完成度も客ウケも断トツでした。
『犬並家』の脚本もそうですけど、見事に4回生不在でここまで仕上げられるのだから、来年は本当に期待大ですよ、期待大。

『ファッションショー』
今年のトリの演目は、見事に僕らの悪い部分が全部出た演目になってしまいました。
台本なし、打ち合わせ不十分という最悪の状態が、そのまま本番で悪い方へ影響してしまい、終始グダグダでした。くらいくんの照明はバッチリだったんですが。
「草食系男子からの立川系談志」というのがやりたかったんですが、みんな立川談志を知らないんじゃないか?と疑ってしまうくらいウケませんでしたね。
特にNF事務局の方に友情出演していただいたのにおいしくさせることができなかったのが本当に申し訳ないですすみません。
全体的にも、1回生いとうくん演じるCrystal Kay男子がいなかったら悲惨だったなぁという位ウケてませんでした。
あんなに面白い素材をこんなにウケなくしてしまうなんて、本当に恥ずかしい限りです。

今年は、1回生の面白さに大いに助けられた一方で、単純に犬の会の所属人数が増えたので昨年よりは余裕あるだろうとタカをくくっていたのが見事に悪影響を及ぼし、いい意味でも悪い意味でも1回生頼みな演劇となりました。
失敗した部分の原因は、主に僕みたいにNF期間中犬の会に集中できる程みんな暇人じゃないということを忘れていたことなので、3年もやってて何でその辺のスケジュールの感覚掴めてないねんっていう情けなさがハンパないですね。

とりあえず、来年は、登場人物の掛け持ちを心がけることと、台本を事前にちゃんと作成すること(プリンタの確保も含めて)をしっかり守るべきですね、って、今更誰が何言うとんねんですが。


てな感じで、後半といいつつ後ろ3分の2くらいの分量になってしまいましたが、僕にとって最後のNFは、兎に角無茶苦茶楽しかったです。

やっぱりダイナマイト左京区の成功が一番ですが、新入生のみんなの底知れないポテンシャルがどんどん花開いていくのを見てるのが、何より嬉しく、何より楽しかったです。

でも、僕が一番お腹を抱えて笑っていたのは、どの企画でもなく、控室にいるときでした。

今年のNFは、企画の舞台裏で、本当に数々の面白すぎるノリが生まれたのも、大きな特徴だったと思います。

これはやっぱり、1回生たまきくん・みやけくんコンビ、そして3回生やまだくんの地力の強さが如何なく発揮された証でしょう。素の状態でここまで面白いんだから、そら本番も面白いよ、ってな感じで。

打ち合わせの段階で誕生した「あ」のノリ、みやけ・やまだの終わらないノリ、いつ生まれたのかわからない「月に合う」のノリなど、今NFで生まれたノリを、僕は単純に客の立場で勝手に面白がってました。

こういった素の状態の面白さがノリというかたちで具体的に表れてきたことが、きっと新たな京都犬の会への幕開けになるような気がします。

勿論、直接ノリに参加していない新入生もみんな面白いので、これからの京都犬の会も、どんどん楽しみなユニットへと進化していくと思います。


ということで、で無理矢理終わらせようとして申し訳ないのですが、ということで、今年のNFは、僕にとって最後のNFは、無事に笑顔で終了です。

各企画に顔を出してくださったみなさん、NF事務局のみなさん、本当にありがとうございました。そして、すみませんでした。

新入生のみんな、上回生のみんな、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。



いやぁ、本当に、みんなが犬の会に入ってくれてよかった。

posted by たけのうち at 03:17| 京都 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ポリプロピレンポリマクロ浦えりか(NF感想)

今年も誰からも求められてはないと思うけど、折角なんで書いていこう。

今年は大型の新人が何名も加入してくれたので、人数の面でもアイデアの面でも昨年ほどの不安を感じることはなく、企画数も昨年同様8企画(D左京区2つ換算)無事終了することができました。
この、予想以上のメンバー増員による若干の気持ちの余裕が本番でどう影響したのかは、次の企画ごとの感想で詳しく述べようと思います。


・屋内企画
『ひとつ屋根の下・小雪の部屋』
御馴染み9月の企画申請段階での時事ネタを取り入れた展示企画。
相変わらず説明なしにはわかってもらえない不親切企画だったが、思った以上にウケていたように思います。
「ひとつ屋根の下の小雪」と書いておいても、イコール酒井法子と気づかなかったり、ハイボールの小雪と勘違いしたりする人が時々現れたあたり、時代を感じました。
やはりここでの一番のMVPは、わざわざ取り寄せた本物の創造学園大学の募集要項(願書付き)でしょう。
こういうところでのこだわりが、ガッカリ企画の醍醐味だと思います。

『エンドレス8』
御馴染み9月の企画申請段階での時事ネタとアニメネタを合わせたドッキリガッカリ企画。
エイトとハチをかけて、リチャード・ギアの名台詞「HACHI〜」をエンドレスで流し続けるという、100%リチャード・ギア頼みのこの企画では、タイトルとパンフレットの長門有希に釣られた大量のアニメ好きをおびき寄せるという目論みは、概ね達成したように思います。
目論み達成どころか、教室の黒板に「この発想はなかったw」「これはいいハチですね」などの、どこかの動画投稿サイトで見かけるコメントをお客さんが書き残していってくれるという予想以上の展開も見られたっていう。
でも一番嬉しかったのは、「雑すぎる、おもしろいけど」というコメントだったり。

『占いの舘』
文化祭で有りがちな占いの館と舘ひろしのまさかのコラボレーション企画。
悩んだ末、動物占いの舘ひろし版という方向で着地しましたが、時事ネタでもアニメネタでもない分、何となく説明したときの反応は他に比べてよろしくなかったように僕は感じました。
全12個の舘をくじ引きで選ぶという形にした為に、純粋な舘ひろしのフリなしにいきなりタッチやHACHIや古館が出てしまったり、オリジナルのあぶない刑事のフリなしにもっとあぶない刑事やもっともあぶない刑事が出てしまったりすること、ゴルゴ13と舘ひろしの関係性が伝わりにくかったこと、タイトル的に真っ当な企画を想像してやってきた生真面目な方々への対応など、反省点は多々ありますが、個人的にはかなり好きな企画でした。
まぁこの企画が好きというより、石原軍団及び石原軍団の炊き出しが好きなだけかもしれませんが。

・グラウンド企画
『枕営業』
企画のタイトルとは反して、いや反していないのか、よくわかりませんが、単純に一番お金のかかった企画。
最近よくある女の子のプリントされた抱き枕で、本来の枕営業感と枕を売る営業感の両方を出すことになったのですが、グラビアアイドルの抱き枕がカバーのみで定価14,000円、信長書店セール価格で7,350円というまさかの破格の為にカバー買うだけで援助金オーバーっていう。
結局中身は服を詰めまくった為に重くなり過ぎたのと、初日(平日)のグラウンドという微妙な日程で少数で行わざるを得なくなったので、正直不安でしたが、期待値が低くなった分ウケてくれる人が何人もいてよかったです。
あと、この抱き枕カバーは単純に備品としても使い勝手がいいんです。
何だかんだ云うて高い金出してよかったです。

・講演企画
『世界一ウケたい授業』
昨年みたいに大喜利の変形ではなく、純粋な講演企画に近づけたくてこのようなタイトルにしましたが、僕は何もやってません。
でも、なのかだから、なのかわかりませんが、3つの授業とも面白かったです。
1時間目は1回生のきしだくんがガンバってくれたおかげで、1時間目に相応しいキャッチーな面白いネタを披露してくれたので、素晴らしかったです。
2時間目は講師の鳥声チュン太郎さんがまさかの欠席で休講になってしまうというアクシデント(笑)自体がアクシデントにならなくてよかったです。
たぶん今NFイチ不条理な時間が流れた時間だったと思います。
3時間目は真面目に、せーじくんのガチ卒論中間発表で、僕は最高に面白かったです。
完全に悪ふざけで「卒論のテーマで喋ったら?」と言うただけなのに、ここまで完成させてくるあたり、流石でした。
ただ、ここでひとつ訂正があります。
さっき2時間目は今NFイチ不条理な時間といいましたが、間違いです。こっちの方がもっと不条理でした。真のシュールだったと思います。
「EXビーダマンのΘ温度」という名言も生まれ、個人的には大満足でした。
講演企画全体の反省点としては、もう少し講演企画の客層に合わせて説明の長さを変える必要があるということが挙げられますが、それを言ってしまっては我々の講演企画自体が成り立たないような気もしますし、難しいですね。


相変わらず長くなってしまったので、後半の感想はまた近いうちに。

posted by たけのうち at 01:26| 京都 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

出場者大募集中

NF大喜利-01.jpgNF大喜利-01.jpgNF大喜利-01.jpg



お陰さまで、少しずつ、出場者希望の方からご連絡いただいてます。

でも、まだまだ募集中です。

あなたの清き一出場表明メールで、我々は救われます。


『ダイナマイト左京区〜京大大喜利王者決定戦〜』

予選:11/21(土)
第1部 16:00〜
第2部 19:00〜
@京都大学文学部新館第6講義室
※1部か2部のどちらか都合の良い方に参加していただければ結構です。

決勝:11/22(日) 12:30〜13:25
@京都大学吉田グラウンドステージ


京大とか左京区とか関係なく誰でも出場可能です。

ガッツリ大喜利好きな方から、単純にお笑い好きな方まで、どなたでも出場大歓迎です。

少しでも興味を持たれた方は、ご連絡ください。

いつもはフザけた僕ですが、大喜利については誰よりも真剣です。



NF大喜利-01.jpgtatu1.jpgNF大喜利-01.jpg

posted by たけのうち at 23:55| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

歌詞に例えるとか学ぶところがあったとかミーハー根性とか不自然な告知とか全部サブい

NF大喜利-01.jpg


M-12回戦落ちました。

ネタ飛ばしました。

飛ばした後のフォローも全然できませんでした。

個人的に気に入っていたネタだけに余計不甲斐ないです。

結局は自業自得です。

恐らく、相変わらずネタが完成したのが本番当日の早朝だったり、それに伴って練習が多くできなかったりと、これまでの僕のモノづくりに対する怠惰な姿勢が、まとめて今日の結果に反映してしまったような気がします。

何か、槇原敬之の唄の歌詞を思い出しました。

その唄によると、時々天使が僕らに悪戯をして教えてくれるらしいです、もっと努力が必要だ、と。

結局、努力、というか努力しようとする姿勢が足りなかったです。

でも、そういうことを学べたという意味と、2回戦でようやくプロの芸人と同じスタートラインに立てたという意味、そして間近でアジアンの2人を見れたというミーハー的な意味も含めて、僕としてはいい思い出になりました。

ここでの反省点を真面目に踏まえて、今週のNFに取り組みたいです。

しかし、やっぱりこの程度の僕に出来ることは限界がありそうです。

NFにおいても、少しでも多くの方々に協力してもらう必要がありそうです。

こんなどうしようもない僕に、ダイナマイト左京区(NF大喜利ライブ)一般出場希望者という名の天使が降りてくれることを、切に切に願っております。

大喜利やお笑いが好きで、そんな天使になることに少しでも興味を持たれた方は、是非左上記のメールアドレスまでご連絡ください。

それにしても、



嗚呼、悔しいな。

posted by たけのうち at 23:06| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

機会

ケータイ大喜利にしろラジオのネタハガキにしろ、なんで自分のが採用されないんだと悔しがることは、大喜利というものに少しでも足を踏み入れたことのある人なら誰しもが経験しているでしょう。

このような場合、自分の回答が披露された結果ウケずに面白くないものと判断されたわけではないので、本当に自分の答えが面白くなかったのか、面白くなくとも何処か一部の人たちの心を掴むようなことはあったのではなかろうか、という疑問が生じ、安易に結果に納得しがたいのです。

といっても、上のようなメディアを通した大喜利では、披露前の審査は絶対必要ですので、このもどかしさは、紹介されたときの大きなプラス面と引き換えに受け入れるしかないのです。

だからこそ、自分の回答が本当に面白いのか面白くないのかを知るには、やはり実際に人前で大喜利を行うしかないと思います。

番組の空気や視聴者層を気にして採用されやすい回答を考えるのではなく、自分なりの回答を自分なりの言い回しで披露し、どんなものがウケるのか、どんなものがウケないのかを、実際に他人の反応を見て経験することが、大喜利の楽しむということだと思います。


と、いうことで、我々は、今年のNF(京都大学11月祭)で行う大喜利イベント『ダイナマイト左京区』にて、出場者を大募集しております。

予選は行いますが、出場者の制限は全くございません。

自分の大喜利に対する他人の反応を知りたい人から、特に何も気にしないで大喜利を楽しみたい人まで、沢山のご参加をお待ちしております。

少しでも興味のある方は、ご連絡ください。

posted by たけのうち at 14:49| 京都 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

星屑が海に落ちて貝になったよ

書くのが遅くなりましたが、ゴー傑P復活ライブに行ってきました。

最初にいきなり三若のマッチのモノマネが流れて、面白かったです。

最初のトークで、今はなき小阪由佳及びそのマネージャーやMBS編成への罵倒があって、面白かったです。

2時のラジオ開始までの間に行われたオススメ芸人のコーナーで、ソラシド本坊・元ベリーベリー上田の新コンビ・元つばめがえし中尾がネタを披露し、昔笑い飯がTBSでやってたトランジスタラジオくんっぽい感じが若干して、面白かったです。

その後天津が登場し、ゴー傑Pを打ち切りへ追い込んだ伝説の企画・みんなでエロ詩吟を吟じようのコーナーが復活して、面白かったです。

2時になると、お馴染みスジャータの時報でラジオが始まり、舞台ではイスに座った3人がテーブルの上のマイクに向かって喋るという、正にラジオブースを再現した感じになっていて、面白かったです。

コーナーの合間にちゃんとACのラジオCMが流れ、ちゃんと面白ジングルも入ってきて、面白かったです。

1人目ゲストはリアカーマンで、鳥のモノマネを何回も途中息継ぎ入れてやったり上半身裸でやったりしていて、面白かったです。

リアカーマンは、無茶苦茶人が良くて無茶苦茶ノリが良いのに、偶にとてつもなく強烈な爆弾を落としてくる人で、面白かったです。

2人目ゲストはKBで、相変わらず胡散臭さ満開で、面白かったです。

前に彼女がいたのはいつか訊かれて、シレッと半年前と答えたり、最近ずっと行に入っていたので髪切る暇がなかったと言ってたくせに茶髪に染めてたりしていて、面白かったです。

3人目ゲストは元レギュラーのポリンさんで、こちらも相変わらずのキレイに一周回った感じで、面白かったです。

倒立しながらの再・浪漫飛行は流石でしたし、大喜利を極力避けようとする姿勢もポリンさんらしくて、面白かったです。

最後はメールならぬ客席アンケートからのトークで、伝説の般若ジャッジや、お馴染みラジオネームからのポットの湯罵倒、さらに小籔の夫婦岩うんこの話も聞けて、面白かったです。

以上が簡単なレポートになりますが、全体的には、上に書きそびれた哲夫ボールやKGも含めかつての懐かしいノリが軒並み聞けて、お値段以上の大満足なライブでした。

惜しむらくは、平田さんがツアー中で来れなかったことですが、これは復活イベント第2弾への布石だと捉えておこうと思います。

個人的にはチャプチャプ寺本のたけしモノマネと「ちんる」が聞けなかったのも残念ですが、第2弾を信じて楽しみにしておきます。

何か途中の語尾面白かったです縛りが最高にウザい感じのレポートになりましたが、それだけ面白かったんだと思っていただけたら幸いです。

兎に角、無茶苦茶面白かったです。

そして、是非第2弾もやってほしいです。




posted by たけのうち at 23:44| 京都 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。