新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年05月31日

I'll be IDOL.

ポケモンの金銀がニンテンドーDSでリメイクされると知って、DSごと買ってしまおうかと思っていたところに、またひとつ、DSを買う理由が増えてしまいましたとさ。
posted by たけのうち at 21:45| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

遺された者の憂い

今年度が始まって早ひと月が経ったが、どうしても日々の生活に対して充足感が得られないというか、心にポッカリ穴が開いたような毎日が続いている。

どうしてだろう。いや、理由はわかっているのだが、わかっているのにどうしようもできないからこそ余計もどかしく、こうやって悶々としているのである。

そんな中、僕はひとつの詩と出会った。

その詩は、正に今の僕の気持ちを代弁してくれている。

自分の作品ではないのだが、この場を借りてその詩を紹介させていただきたい。

そして、ひとりでも多くの方に、この事を知っていただきたい。



ラジオが終わった夜





ラジオは、死んだのか。





いや、





ラジオは、生き返れるのか。






posted by たけのうち at 16:20| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

サンミー

今現在私が興味を示すものベスト3といえば、お笑い・AMラジオ・アイドルマスターであるということは、今更言うまでもないことだ。

エラいもんで、この3つだけは今のところ一向に飽きる気配がなく、楽しく観たり聴いたりさせてもらっている。

ところで、こうやって3つを各々楽しんでいると、一度この3つを一遍に楽しんでみたいと思うのは、ごく自然の流れであろう。

だがしかし、この私にとっての三巨頭が一堂に会する機会というのが、全くもってないのである。

というのも、お笑いとラジオ、ラジオとアイドルマスターの相性は非常に良いのだが、お笑いとアイドルマスターというが、なかなかどうして親和性が低いのである。

マンガ・アニメ・ゲームといったものとお笑いが自然に結びついているという現状はあるのだが、その中でも萌え的な要素が強い特殊なものは、お笑い界にははまだまだ受け容れられていないようで、アイドルマスターも例に漏れず認知度は激低だ。

そんなわけで、この2つに関しては全く別個のものとして扱っていたわけだが、先日、何と、三巨頭が一堂に会する、正確には会しかける出来事が起こったのだ。

それは、バッファロー軍団の筆頭でありながら萌え系オタク芸人である、お笑いコンビ天津のエロ詩吟じゃない方・向氏がピンでやっているラジオに、アイドルマスターの三浦あずさ役の声優・たかはし智秋さんがゲスト出演するという、正に起こりうる僅かな可能性が上手いこと実現した、革命的出来事だった。

この事実を耳にした私は、すぐさまインターネットとニコニコ動画のアカウントを駆使し、約1ヶ月前の放送ながら聴取することに成功したのだが。

先程一堂に会しかけたと述べた通り、実際の放送では、あくまでアイドル三浦あずさではなく声優たかはし智秋がゲストだったこと、声優さんのキャラの濃さに向が若干押され気味だったこと、そもそもラジオの番組名が『もえもえポンバシ系』と元々お笑い的要素が少ない番組だったことが相まって、一気に急接近したお笑いとアイドルマスターは、見事にニアミス止まりで終わってしまったのだ。

まぁ二次創作の派生に歯止めがかからないアイドルマスターの強力な内輪感を考えると、アイドルマスターの中でお笑いを扱うことはできても、お笑いの畑ではアイドルマスターは育たないのかもしれない。

私個人としては、アイドルマスターが一般受けする必要はないとは思うのだが、もう少し外の世界でも受け容れられるようになって、アイドルマスター好きの面白芸人が出てきてほしいと思っている。

そして、一度でいいから、アメトーーク的な番組で、アイドルマスター芸人がその魅力を語る様を観てみたいと思っている。

posted by たけのうち at 03:07| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

アニメ『けいおん!』面白いです^^

『けいおん!』を観てギターを始めることは、ギター経験者からのヒンシュクを買うと、最近巷で囁かれている。

確かに、プロアマ問わず真剣に楽器をやっている者からしたら、たかが一過性の萌え系アニメの影響で俄かに楽器を始めるという行為は、楽器を舐めてると思われても仕方がないのかもしれない。

だがしかし、必ずしもこれは非難されるべき行為ではないと、私は思うのである。

真剣に楽器をやっている人だって、誰かに憧れて始めたケースが多いはずだ。

憧れる対象がエリック・クラプトンか桜高軽音部かの違いだけであって、誰かに憧れて楽器を始めること自体は何ひとつ不純なことではない。

何だったら「モテたいから」という理由でバンドを始めた奴の方がよっぽど不純だが、そういう動機で結果才能が開花している者は業界問わず少なくはない。

結局、動機は不純だろうが高潔だろうが一切関係ないのである。始めてからどのように動くかが全てなのだ。

俄かであろうがなかろうが、何かに憧れて何かを始めること、何かの影響で何かにハマることは、決して間違いじゃない。



と、姉の影響でお笑いにハマり、ニコニコからアイドルマスターに傾倒し、ゴー傑Pの影響で般若心経の掛軸を所有する、自分をもたない完璧俄か体質の私が申しております。


posted by たけのうち at 23:09| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

就活こぼれ話

就活中の時間潰しで利用した漫画喫茶で見つけた面白いマンガのつづきが気になって、近所の古本屋さんに探しに行った。

私がその店に入ると、観光客らしき外国人が数人いた。

最近の外国人は日本のマンガが大好きということで、彼らも例に漏れず立ち並ぶマンガの表紙にすっかり色めき立っていた。

すると、その中の1人の少年が、『To LOVEる』の第1巻を手に取り、そのままレジまで持って行ってまた戻ってきた。


コミックス版では、大事な部分がしっかり修正されてるもんね。


そのことを知ってか知らずか、会計を済ませてからのその少年は、終始ホクホク顔だった。
posted by たけのうち at 00:34| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。