新入生の方々へ 『紹介 京都犬の会』


2009年01月31日

D感

前回報告した通り、行ってきましたよ、『ダイナマイト関西〜DVD発売記念大会〜』。

出場者が本番まで発表されないのは毎度のことなのですが、今回は特に事前の情報が全く入ってこなかったのと、僕自身初京橋花月ということで、かなりワクワクした状態で向かったのですが。

まず初京橋花月の感想を。

すっごくキレイやね。

KiKiというオシャレ建物の5階にあるんですが、新しいということもあってか、何かスタイリッシュでした。

あと、個人的には3階にBOOK OFFがあるのがすごくベンリ。

てな感じで、開場までの時間を3階で潰したあと、いよいよ京橋花月内に入ったのですが。

まさか、チケットを切る場所で、パンフレットと一緒にCOOK DOの麻婆茄子の素を手渡されるとは。

そういや京橋花月のスポンサー味の素やったけど。

そういやbaseよしもとではオロナミンCもらえたけど。

どうして数ある味の素製品の中から麻婆茄子の素をチョイスしたのか。

全くもって解せないまま会場入りしましたが、そんな疑問も吹き飛ぶような出来事が。

何と、会場限定でダイナマイト関西のDVDの先行予約をやっているではありませんか。

しかも、予約特典としてバッファロー吾郎直筆サイン入り。

もしものことを考えて1万円余分に持って行ってて良かったぜ。

そうこうしているうちに、遂に開演しましたよ。

というわけで、ここからは簡単なレポートみたいになりますが、如何せん僕の短期記憶がクソなもので、殆ど僕の感想のみになってしまうことをお許しください。


OP
まさかのゴエと清水けんじのダブルMCにビックリ。
そして今回は、各試合の最初のアオリVTRまで出場者を発表しない、準決勝までの試合で問題数を無制限にする、といった新たな試みを実行することが館長の口から発表された。
そして今回も、館長は得意のユーモアで会場内を冷ますことで温めてくれた。
この時点でもまだ出場者が全く分からないということでワクワクは増すばかり。

一回戦第一試合
MCはゴエが担当。
まず最初に登場したのは南海・山里亮太。そして気になる対戦相手は・・・中山功太。
同期対決ということだが、どちらも大好きなのでむちゃくちゃ楽しめた。
「京都人がお茶漬けを出しても帰らない人に対してすることは?」みたいなお題で、山里の「京都チャンネル垂れ流し」にむっちゃ笑った。
サドンデスで、中山功太の勝ち。

一回戦第二試合
最初に登場したのはダイアン・西澤裕介。そして対戦相手は・・・バッドボーイズ・清人。
東西サイレント対決と銘打たれたこの試合、正に静と静の戦いだったが、僕的には今回のベストバウト。静かなのに初っ端から激しい打ち合いで、むちゃくちゃ面白かった。
「遊泳禁止の湖で泳ぐとどうなる?」のお題で清人の絵の回答が、ここで説明できないのが惜しいくらいむっちゃ笑った。あと、「一緒に住むおじいちゃんをよーく見たら新発見があった」みたいなお題で、「横から見たらむっちゃ薄かった」という絵の回答がまさか被るとは。
サドンデスで、西澤裕介の勝ち。

一回戦第三試合
ここでMCがゴエから清水けんじにバトンタッチ。
まず登場したのはバッファロー・竹若元博。そして対戦相手は・・・クロスバー直撃・前野悠介。
下剋上対決ということで、非常に期待値の強いカードだったが、期待は裏切られなかった。
前野もクロスバー直撃っぽいバカバカしい回答の応酬で面白かったが、竹若さんも流石だった。まさか「独房にあったアホな落書き」みたいなお題の答えで永字八法が出てくるとは。
2−0で、竹若元博の勝ち。

一回戦第四試合。
一回戦最後の試合、玄武コーナーにはお〜い!久馬。そして今回の出場選手最後の発表に向かったのだが。
「遂にあのメガネの男が」と言うた時点で、会場にいる誰もが館長を頭に浮かべただろう。
そうしてそこに現れたのは・・・何と、三代目D関MC・浅越ゴエ!
まさかのゴエ参戦。かつプラン9同士。プラン9リーダーの座とメガネを賭けた対決。
一見久馬さんの余裕勝ちのように思えるが、最初のお題「伝説の高校球児。四番でエースで、あとは何?」の一発目にゴエが出した答え「五番」に久馬さんが被ってしまい、先の読めない展開に。
サドンデスで、浅越ゴエの勝ち。

準決勝第一試合―中山功太v.s.西澤裕介
ここでも同期対決。序盤は西澤が押していたが、二番目のお題「『りんごが9個 みかんが3個 合わせて何個?』のような算数の問題に教育上良くないという苦情が。どんな問題?」で、功太が「テポドンが1個 ノドンが2個 世界はどうなる?」でポイントを奪いラッシュをかけ、わからなくなる。
結局、3−1で西澤裕介の勝ち。

準決勝第二試合―竹若元博v.s.浅越ゴエ
先程D関初勝利を上げたばかりのゴエがコンスタントに回答を出していく中、竹若さんも負けじとキレのある回答を出し、すごくいい勝負だった。
ここでは、「ハイジがおじいさんにしたどうでもいい質問」や「メルヘンチックプロレス。どんなプロレス?」など、面白いお題が多かった。
サドンデスで、浅越ゴエの勝ち。

決勝戦―西澤裕介v.s.浅越ゴエ
まさかダイナマイト関西のMCがチャンピオン経験者を2人も倒して決勝の舞台に上がってくるとは、一体誰が予想しただろうか?
特にダイナマイト関西の客席には、勝ち上がってきた新勢力を応援しようという空気が漂うので、ひょっとするとこのままの勢いでゴエが優勝するんじゃないかと思った決勝戦。
しかし、決勝の相手は2006年大会での西澤スペシャルが記憶に新しい実力者。そう簡単には勢いに飲まれない。お題「いとこ全員から嫌われている親戚のおっちゃんの口癖とは?」に対する西澤の答え「コロッケ対とんかつ 勝者、とんかつ!!」は、今大会最高の答えかもしれない。
結局、勝敗は・・・
2−0で、勝者、西澤裕介!

ED
激闘の末、ダイアン・西澤裕介が初優勝を果たしたわけだが、チャンピオンベルトのバックルの部分が軽く外れたり、館長がおもんないボケを2回繰り返したり、西澤が黄金のフリップを落としたり、館長が「それ時価7億円やねんから落とすな」って言うてスベったり、その直後館長がスベリ鞭打ちを患って客席の方が向けなくなったり、終始和やかな感じだった。
色々面白いところがあったけど、結局クロスバー直撃の次の単独ライブのタイトルが『犬つれてきてもいーよ』だったことしか頭に残ってないわ。


今回はいろいろ新しい試みがあって、非常に有意義な大会だったと思います。

毎回芸人さんの新たな面白さに気づける、というのがダイナマイト関西の魅力のひとつですが、今回で言うとやはり個人的には清人ですかね。

まぁ全員D関経験者だったので、もう気づいている人も多いかとは思いますが、面白かったですね。

あと、久馬さん。最近あんまり勝ててないので、影が薄まりつつあったのですが、やっぱり面白いわ。

勿論、ほかも全員面白かったし、本当に充実した3時間弱を過ごせましたよ、今日は。

やっぱり、大喜利、面白いな。

面白いな、大喜利。

こうやって観るのも面白いけど、自分が考えるのも面白いのよね、大喜利は。

今回は観る方で満喫したから、今度は自分が考える方で満喫したいな。

とりあえす、今回貰ったCOOK DOひき肉入り麻婆茄子用の面白い使い道でも考えてみようかしら。
posted by たけのうち at 03:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

市場に行こう

それまで特別興味がなかった人でも、その人の生の舞台を観ると急に好きになったりすることってよくある。

高校のとき、友人に、auのキャンペーンか何かで島谷ひとみのライブのチケットが当たったから観に行こうと誘われて、一緒に行ったことがある。

僕は正直そんなに島谷ひとみに興味はなく、タダという理由だけで観に行ったのだけど。

その次の日ソッコーTSUTAYAに行って島谷ひとみのベストアルバム借りたからね。

やっぱり生の舞台には、テレビを通してでは伝わらないその人の魅力というものが際立って表現されているんだと、つくづく思う。

今は偶々歌手の人を例に挙げたけど、別にそれは歌手だけとは限らない。

お笑いだってそうだ。

ますだおかだの増田がM-1優勝直後のシャンパンファイトで、「ライブにはいっぱいおもろい芸人がいます!テレビだけでなく、皆さんライブを見に来てください!」という名言を残したことは余りにも有名な話だが、正にその通りである。

生の舞台にこそ、本当に面白いものがあるのだ。



というわけで、日付は変わって本日、私、京橋花月に、『ダイナマイト関西〜DVD発売記念大会〜』を観戦しに行って参ります。

いやぁ、こないだまさかと思ってLAWSONで調べたらまさかまだ売り切れてなかったもんで、思わず買ってしまいました。

正直そないに金銭面に余裕があるわけではないんですが、まぁ今日は丁度テスト最終日ということで、ガンバった自分へのごほうび的な感じで。

まぁ、完全に女子の思考回路ですけど、とにかく、生の舞台に存分に魅了されてやろうと思います。

確実にいっぱいおもろい芸人がいますからね。
posted by たけのうち at 01:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

BAN バナナ

朝バナナ食べたら全然おいしくない


硬いし味がない


挙句の果てに皮すらきれいにむけん


人間の年齢で言うたら5歳くらいのバナナやった


posted by せーじ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ゆとり世代一年生

レポートに必要な参考文献を読んでいたら無性に眠たくなって、数十分仮眠をとった。

寝ている間、夢の中でニコニコ動画を観ていた。

いや、どんだけゆとりを欲してんねん。

でも、どこか後ろめたかったのか、観ていた動画が読んでた参考文献に酷似した無茶苦茶堅苦しい内容のものだった。

いや、夢の中くらいゆとり持ったらええやん。

これが世に言う、ゆとり教育の弊害か。

何か、久々に気分の悪い寝起きを経験した。
posted by たけのうち at 03:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

根拠ゼロ

一番好きな芸人にラーメンズを挙げる人は、たぶんそんなにお笑い好きじゃないと思う。



僕は、ラーメンズが大好きです。
posted by たけのうち at 01:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

トロピカ〜ル恋して〜る

はるな愛のエアあややのクオリティについては誰しもが認めるところだと思われるが、やはりその完成度の高さだけでなく、素材が良すぎるという点も忘れないでいただきたい。

まぁでもそこはやはり、ライブでの松浦亜弥のMCの面白さに気づいたはるな愛の着眼点の勝利と言ったところか。

かく言う私も、松浦亜弥の面白さには昔から注目していた方で、中学時代はテレ東で月〜金深夜に帯でやってた、松浦亜弥と藤本美貴がただマナーを学ぶというミニ番組を好んでよく観ていたものだ。

それにしても、最近はアイドルと言えば、下手に空気が読めて一般のバラエティやトーク番組でそこそこデキるグラドルばっかりで、何か味気ない。

もっと松浦亜弥みたいな、行くとこまで行ったアイドルの方が、絶対に面白いのに。


まぁここまで散々松浦亜弥は面白いみたいに言うてきたけど、松浦亜弥のANNだけは大ファンじゃないと面白くないと思うから、その点は悪しからず。


posted by たけのうち at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

デカメロン伝説

正月に実家に帰った時にも思ったけれども、同じ環境で育ったはずの僕と姉なのに、笑いのツボが悉く食い違っているのだ。

例えば、茶の間で二人でレッドカーペットを観たときは、僕がくまだまさしで腹抱えて笑っているのを尻目に、姉は惚れてまうやろーとイエスフォーリンラブでキャッキャ言うてる、みたいな状況になってしまう。

他にも、僕が大好きなNo.1ロケ芸人千鳥や、去年のM-1を観るまではダイアンですらあまり興味ないといった感じだった。

まぁかたやお笑いオタクの大学生、かたや堺筋本町のOL。こういった食い違いが生じるのは当たり前なのだが、そもそも僕がお笑いにハマったきっかけと姉がハマったきっかけが、『?マジっすか!』という全く同じ番組だったというのに、こうも路線が変わってしまうとは。

まぁその番組でも、僕が初めて見るケンコバやバッファローに惹かれるのを尻目に、姉はキンコンやらロザンやらランディーズやらを追っかけていたのだから、当然といえば当然か。

因みにさっきのレッドカーペットのときフルーツポンチとはんにゃだったらどっちが好きか聞いたところ、完全に顔でフルーツポンチを選んだくらいだから、そのへんのところは流石OLと言ったところだ。

まぁ、こんなに身近なところにすら趣味嗜好の違う二人が存在するのだから、賞レース等で芸人に対する世間の評価が分かれてしまうのは、仕方のないことだとつくづく思う。

と同時に、こうも笑いのツボに差のある二人の両方ともを笑わせてしまうことのできるゆってぃこそ、実は最強の芸人ではないのかと思えてくる。

何だか、「そんな人の笑いのツボの差みたいな小っちゃいことは気にするな」って言われているような気がするのである。
posted by たけのうち at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

5分でカレーが作れる

圧力鍋もらったけど使い方分からん
posted by せーじ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ごはん

「このご飯… 白くてふわふわやないか!」

「柔軟剤使ったやろ!」
posted by きんかく at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

第二回犬の会議

第二回犬の会議です。

前半:約10分
出演:せーじ

みかん、ミスド、ジョーシン

後半:約30分
出演:たけのうち、せーじ

前半の反省、銀シャリ、いけてない中学生
posted by たけのうち at 20:00| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英単語

英語のratherを辞書で調べたら、ある程度まで, 多少, いくぶん;かなり, ずいぶん, 相当にって出るけど、結局どれやねんって中学生のときから思ってる。
posted by きんかく at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

今年は吉やった

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます

年末年始はゆっくり和歌山ライフを満喫したんですが、和歌山は最近電気屋がけっこう増えてきました

ヤマダデンキ、ケーズデンキ、コジマなどの大手家電量販店が次々と進出しています

そんな中で、昔から頑張っているのがジョーシンです

僕の家はジョーシンが非常に近く、場所を説明するときは、残念ながら「和歌山の星」オークワ本社の近くというよりも、「唯一の関西資本」ジョーシンの近くと言う方が多いくらいです

そんなわけでジョーシンには良く行くんですが、ジョーシンといえば、和歌山出身の人気アイドルグループウインズの名曲をカバーしたBGMが流れているのは皆さんご存知だと思います

でも、正月に携帯を見に行ったときはBGMが違いました
あーええ歌やなーとしばらく聴きいってたんですが、あれコレ最近聞いたような・・・

この歌こそNFのステージ企画で使用するBGMに無意識に選んだ音楽でした
あんまりF1とか見やんのにこの歌が頭に刷り込まれていることに驚きました
どんだけジョーシン行ってんねん
まぁでも名曲なんで聴いてください






Ps.最近、銀シャリを見る機会が多いけどええわ、おもろいわ
  あと、ラジオ。いざなんか喋れ言われたら困るけど誘ってや
  大喜利やりたい
posted by せーじ at 02:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

第一回犬の会議

第一回犬の会議です。約30分×2
出演:たけのうち、きんかく





posted by たけのうち at 04:51| Comment(0) | ポッドキャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

オールザッツを観て、思ったこと

・何故天津・とろサーモンがネタ組じゃないのか

・ネタ組の名前のロゴのデザインが1組1組違っててスゴかった

・ダイアンのネタの「帰れ」のくだりを見て、ダイアンの今後の更なる成長を確信した

・ネタ時間30秒はいくらなんでも短すぎる

・十手リンジンはマジで松口に似過ぎてて笑う前にビックリした

・プルートボブは1回戦は本当に面白かったと思うよ

・三浦マイルドはもう売れるルートに乗っかりました

・オールザッツから全国ネットという流れは前からあったけど、今後は、楽屋ニュースで今田に気に入られる→正月のさんまのまんま出演の流れも顕著になってくるんでしょうね

・ガリガリガリクソンが出てきただけであんなに歓声が沸く時代

・ビタミンSのお兄ちゃんは本当にいいポジションにいた

・ヘッドライトガンバれ

・BKBのこのネタ僕は大好きなんですが

・武智の「挽き肉にしてやんよ」も僕は大好きなんですが

・D・N・Aは途中までは本当に面白かったと思うよ

・川原の「ロープの反動を利用して敷金礼金を渡す」みたいなことを僕も言えたらなぁ

・ダイナミック大脇は本当にいいかたちでピンデビューできたと思う

・エハラマサヒロはネタ以外のモノマネが本当に面白かった

・極悪連合最高!!!

・関係ないけど、鎌鼬の「ラビンユー」のネタは好きです

・ビーフケーキはもっと評価されるべき

・現在のオノ・ヨーコを見たことある人で、2回戦以降の銀シャリでお腹痛くならなかった人はいないはず

・何だかんだで神々以外で臨んだモンスターエンジンは素晴らしいと思う

・とろサーモンは本当にオールザッツに強いと改めて思い知らされました

・中山功太のこの手のネタ個人的には大好きです

・ダイアン西澤のありそうでない地名を見て、ダイアンの今後の更なる成長を再び確信した

・後藤秀樹は、って、今後藤秀樹が一発変換できて笑った

・後藤秀樹は今年はホンマに男前やったわ

・2005くらいの頃から後藤秀樹で笑ったらアカンみたいな空気が客席に漂っててヒドかったですもんね

・今年も土肥ポン太でむちゃくちゃ笑ったわ

・その流れで友近の知らんおっさんと話すの見せられたからもう

・もちろん野爆・ケンコバ・たむけんも相変わらず最高でした

・東京へ行ってもコバのネタが丸くなってなくて、千夏イジリも健在でよかった

・藤崎マーケットは細かいモノマネでまだまだ充分全国でイケると思う

・藤崎は漫才もそうやけどどことなく中川家っぽいと感じるのは僕だけでしょうか

・だからクロスバー直撃面白いって僕ずっと言うてましたやん

・クロスバーは最後でモノマネ以外やってたら優勝してたと思うんですが

・でもジャルジャルの決勝のネタ個人的には好きなんで優勝で納得です

・この年末年始で2周したけど、トーナメント組のネタ時間の短さ・東京組の参加率の低さなどがあってか、全体的に印象深い点が少なかったような気がします

・そんな中、若手で比較的深い爪痕を残したプルートボブ・三浦マイルド・ダイナミック大脇・クロスバー直撃あたりが今年の注目どころですかね

・そしていつか、ミスターXの囲まれて一言が全国のお茶の間を騒がせる日が来るのを淡く夢見て、今年のお笑いライフをスタートさせていきたいと思います


というわけで、今年もよろしくです。
posted by たけのうち at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

ついてない

実家に帰っていたので、録画したオールザッツを今年50になる母親もいっしょになって見てた。

そのせいか気がついたら、母親の口癖が後藤秀樹の「男前やわぁ」になっていた。

ドラムの練習している弟に向かって「男前やわぁ」

車に乗せた荷物運びを手伝った僕に向かって「男前やわぁ」

飼ってる犬(メス)に向かって「男前やわぁ」

この癖を辞めさせようにも、オールザッツがそもそも関西若手芸人であり、その中での後藤秀樹の役割を説明するのは難しすぎるため、様子をうかがっています。


-----

年末に財布を無くしました。免許証やキャッシュカードなど入ったものなので、もし拾われましたらご連絡ください。

ことしもよろしくお願いします。
posted by きんかく at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。